2009年11月04日

システムリスク

大証FXに限った事ではないのですが、オンライン上で取引をする場合は特に、システム面でのリスクというのはどうしても発生してしまいます。
これは、たとえば大証、あるいは大証FXの取引業者がシステム障害を発生させた際に、取引ができないというリスクのことです。
同時に、オンライン取引の場合は大証、取引業者、そして投資家を結んでいる通信回線が障害を起こした場合にも、システムリスクとなり、取引ができなくなります。

身近なところでいうと、例えばとある商品を取り扱っているメーカーがあるとします。
そして、そのメーカーが商品を委託している通信販売のお店があります。
その場合、通販のサイトのサーバーがダウンしてしまうと、その通販での買い物はできませんよね。
これと同じようなことが、金融取引においても起こり得るのです。
その場合、取引を行うことができないので、最も取引において重要なタイミングを喪失する恐れがあり、その点では大きなリスクと言えます。

もっとも、このリスクは自分の環境が要因となることも少なくありません。
例えば、何かの理由でインターネットに接続できなくなることもありますよね。
停電や配線の劣化が原因になることが多いのですが、この場合も当然復旧するまでは取引が難しい状況になります。
こういったリスクは、常に身近にあるものと考えておく必要があります。
その為、現在の自分のポジションをチェックする上で、常に最悪の事態を想定した売り注文は出しておくべきでしょうね。
posted by 大証FX at 14:25 | TrackBack(0) | 大証FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。