2009年11月04日

大証FXのシミュレーションの例-1

では、実際に大証FXでの取引のシミュレートを行ってみましょう。
まずは、買いからのスタートを経験してみる事にします。

今、将来的には円安ドル高になるのでは、と予想される状況だったとします。
その場合、米ドル/円の通貨ペアを購入すると、利益を出せます。
現在のレートは1ドル=100円。
この時点で1単位購入したとします。
1単位は1万ドルなので、100万円分ですね。
尚、レバレッジが利いているので、必ずしも100万円必要というわけではありません。

この場合、予想通りに円安となり、3日後に105円にまで上昇したとしましょう。
そして、その時点で売却したとします。
またこの間に、1日10円のスワップポイントの受け取りが発生していたとします。
スワップポイントは本来日々変動しますが、ここではわかりやすく一律としています。

この場合、果たしていくら得したことになるのでしょう。

答えは、(105円−100円)×1万ドル×1単位=5万円となります。
10単位買っていれば、10倍の得だったわけですね。

このように、買いから始まる場合の取引は、非常にシンプルで、計算も簡単です。
仮にこれが、105円になったのではなく、95円になった場合は、そのまま−5万円となり、5万の損失ということになります。
大証FXでは、基本どのようにレートが動くかを予想して、それに合った取引を行うことになります。

尚、スワップポイントはこの場合30円となります。
10円×3日=30円ですね。
金利は日本の方が安いので、ドルを売って日本円にする場合は、基本は損となります。
posted by 大証FX at 14:25 | TrackBack(0) | 大証FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132009636

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。