2009年11月04日

大証FXのシミュレーションの例-2

通常の株取引などを行っている人の多くは、買いからのスタートが基本という形で行っているのではないでしょうか。
しかし、大証FXにおいては、売りからのスタートも可能となっています。
こちらもシミュレートしてみましょう。

現在1ドル=100円のレートだとします。
もし、ここで将来円高ドル安になると予想した場合は、買いではなく売りからスタートすることで、利益を得ることができます。
通常の商売では、商品をまず売るということが想像しにくいですね。
ないものを売ることはできませんから。

しかし、金融取引、そしてこの大証FXでは、そのないものをあるものとして売ることができるのです。
わかりやすく例えるなら、証拠金を担保にして、借りてきたものを売るという感覚です。
借りたものを売るなんて常識的ではないのですが、金融取引の中の概念では常識なのです。

というわけで、証拠金を10万円口座に入れている場合に、1単位の米ドル/円の通貨ペアを売ったとしましょう。
そして、3日後に実際1ドル=95円という円高になったとしたら、果たして損益はどうなるのでしょうか。

計算式としては、買い注文の時と為替レートの順番を入れ替えます。
この場合は、(100円−95円)×1万ドル×1単位=5万円となります。
もし、これが予想に反して円安となり、105円になってしまったという場合は、以下の計算式になります。
(100円−105円)×1万ドル×1単位=−5万円
posted by 大証FX at 14:25 | TrackBack(0) | 大証FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。