2009年11月04日

大証FXのメリット、デメリットのまとめ

まだ開始されたばかりの大証FX。
その現時点でのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

まずメリットとしては、オークション形式における気配値の幅が大きいことです。
くりっく365では、上下2枚までの気配値しか見る事ができず、少々不便でした。
一方、大証FXでは上下16枚まで見る事ができます。
これはかなり魅力的で、情報面ではかなり有利と言えます。
また、マーケットメイカーの表示があるので、仕手に騙される事がなく、クリーンで安全な取引ができるという点では、初心者には向いている取引と言えるでしょう。
マーケットメイカーの動きを追っていけば、そう損をすることもないでしょうから。

ただ、これはデメリットにもつながります。
というのも、マーケットメイカーの存在が、駆け引きの楽しみを奪っているからです。
実際、仕手の挙動も含めた駆け引きが、金融取引の醍醐味です。
FXでは株ほど個人同士の駆け引きが頻繁に行われることはないですが、それでもそこで大きく利益を上げるチャンスが生まれるのは確かです。
それがないということで、ギャンブル要素が低くなった分、楽しみが減るという見方ができます。

デメリットは他にもあります。
まず、できたばかりということで、レバレッジが低く、通貨ペアが少ない点です。
レバレッジは、店頭FXが最大700倍、くりっく365が100倍なのに対し、大証FXは30倍です。
ただ、これに関しては、個人のリスク抑制を支援するという意味合いもあるので、悪い事ばかりとはいえません。
一方、通貨ペアの少ない点は明らかなデメリットです。
主要どころは抑ええいるものの、逆に言えば、無難なペアしかないということになります。
高金利通貨もないので、新たな発掘という楽しみもなく、やや勝手が悪いのが現状です。

ただ、これらのデメリットは、時間が経てば改善される可能性は十分高いといえます。
そのデメリットがなくなった時、大証FXが本当の意味でスタートするのかもしれません。
posted by 大証FX at 14:25 | TrackBack(0) | 大証FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132009639

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。